妻に寄り添う最高の言葉を生み出す方法

妻にどんな言葉をかければ、と悩むことがあります。

妻が落ち込んだり、怒ったりしているときに多いですね。

ですが、たいてい上手く妻に寄り添える言葉が自然に出てきます。

なぜでしょうか。

今回はその考え方をお教えします。

 

1.寄り添う言葉の生み出し方

どのようにして寄り添う言葉を生み出しているかというと

相手に共感することで生み出しています。

相手が

  • 悲しい
  • 不安
  • 辛い
  • 面倒
  • やりたくない

などネガティブな思いに対して

かける言葉を悩む時が多いですね。

そういう場合はまず、一緒にネガティブになります。

フリでも良いです。

「そうだよねー」と。

それから悩んでいる根源を見つけます。

何でそう思うんだろう、と。

過去に振り返ったり、

自分の性格や出来事を振り返ったりします。

そうすると、過去に振り返ったりすることで

新しい発見が出てきます。

それを伝えてあげるのです。

例えば、片付けが面倒ということであれば、

なぜ面倒と思うのか、

片付けをどうしなくてはいけないか

を聞くと隅々まできれいにしないといけないと考えていることがわかりました。

ということは完璧主義だねー。と。

伝えると妻は「そうなのか!」と気づきます。

今までは片付けできないダメな自分と考えていたのが

実は完璧主義という真逆の考えを持っていることに気づいたのです。

この発見でポジティブになりますし、

完璧主義という性質をもとにどうすれば良いか

考えられるようになります。

つまり未来へ向かうためポジティブになるのです。

 

2.なぜ生み出せるのか

なぜかというと相手を良く見ているからです。

あとは考え方ですね。

よく話をしたり、行動を見たりすることで相手の考え方を理解します。

理解するには相手の立場に立って考えることが必要です。

なぜ物を置きっぱなしにするのか、

  • 後で使うから
  • 効率的にしたい

といった理由ですね。

3.毎日の心がけが重要

毎日、どのように感じているか、何を不満に思い、

どんなことには喜びを感じるのかを観察することが重要ですね。

相手が喜ぶような事をする努力も大切です。

どこかに連れて行ったり、面白いと思う話をしたり。

そうすることでいつも考えていることが伝わり、

辛い時でもこちらの話を聞いてもらえるようになります。

そのようなベースがあることで辛いことや悲しいことに共感することで

一緒に考えていると感じることができます。

4.まとめ

寄り添う言葉を生み出す方法は

お互いのことを考えてこそ生み出せると思います。

それはお互いの信頼があってこそとも言えます。

お互いのことをより深めるためにも

寄り添う言葉をかけて前向きな人生を過ごしてください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

43歳のエンジニアサラリーマンです。
気になることやちょっと深く知りたい情報を分かりやすく伝えています。
アフィリエイト等の副業で自由な生活を得られるように日夜努力中。
仮想通貨投資について勉強し、様々なコインを調査して運用中。

コメント

コメントする

目次