保険相談は実際どんなものなのか。相談する前に用意して考えておくべきこと。

保険の相談というのは行う機会がなかなか無いかと思います。

私も相談したことは今まで2回しかありません。

実際に相談する中で、その場で調べたり、思い出したり、考えたりすることがあり、かなり時間がかかりました。

そういったことを前もって行っておくと、自分に合う保険商品がすぐに選べるので、相談がスムーズに進み、満足のいく相談が出来ます。

今回はまず、保険相談はどのように行われるのかをご紹介した上で、どのようなことを用意して考えておいた方がよいかをご紹介したいと思います。

 

1.保険相談の流れ

保険相談の流れは

  1. 保険相談の連絡をする。
  2. 保険相談員が自宅に伺う。
  3. 自宅にて商品を紹介され、どのようなプランが良いかを考える。
  4. 選んだ保険商品を申し込む。
  5. 告知した内容が審査されて加入できるかを判断される。
  6. 加入可能であれば、1回目の保険料を払い込む。
  7. 保険加入完了

です。

保険相談の連絡は下記の「保険見直しラボ」で行えます。

アンケートを行ったあと、保険相談申し込みを行います。

その際に日程や連絡先などを記載して伝えます。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

2.保険相談を行う前に用意するもの

保険相談の申し込み後、保険相談員が自宅にお伺いします。

保険相談員はどのような保険が最適かを自宅でお話しながら考えるわけですが、持病や手術歴をまとめておいて、すぐに伝えられるようにしておいた方がよいです。

告知する内容ですね。

これは、申し込む保険が絞られるわけではなく、告知内容に応じた保険商品も申し込んでおいた方がよい場合もあるからです。

あとは、健康診断の結果です。

商品によっては健康診断の数値がどれくらいかで加入できるというラインを設けているものもあります。

例えば、健康体割引のあるプランなどですね。

そういった商品に加入する場合は健康診断の結果が必要になります。

3.保険相談を行う前に考えておくこと

保険相談を行う前に考えておくことは何を不安に思い、保険に加入するのかを考えておくことが大切です。

病気をした際に手術・入院費をまかなえるようにしたい。

仕事ができなくなった場合に収入を補償したい。

自分が亡くなった後の妻や子供の資金をまかなえるようにしたい。

あとはどれくらいを毎月、保険料にあてられるかを考えておくことも大切です。

無理な保険料を払って普段の生活が厳しくなるのはあまりよくありません。

私の場合はメディケア生命の下記のプランです。

・医療終身保険(無解約返戻金型) 60日型/手術Ⅱ型 3大疾病入院無制限給付特則
入院給付日額 5,000 円
基本給付金額 5,000 円
 保険料 2,405 円
・先進医療特約(11)
先進医療給付金 技術料相当額(自己負担額)
先進医療一時給付金 50,000 円
 保険料 137円
・入院一時給付特約
給付金額 30,000 円
 保険料 1,105 円

合計の保険料

2,405円 + 137円 + 1,105円 = 3,647円

です。

他にも3大疾病や抗がん剤治療など、他の保険を合わせると

合計で6,845 円です。

これくらいの金額でもしもの手術・入院がまかなえるのでおすすめです。

4.まとめ

今回は保険相談は実際どんなものなのか、前もって用意しておくことをお伝えしました。

ただし、必ず用意しておかなくてはいけないものではありません。

用意するのは保険相談時に行っても良いかと思います。

大切なのは何かあったときの備えが自分には必要なのか、必要であればどんなものが必要かを考えることです。

万一のの手術・入院でその後の生活が立ち行かなくなるといった不安を保険で解消できればよいかなと思います。

ぜひ、一度保険の相談をしてみてください。

相談はもちろん無料ですし、様々な会社のプランを考慮して提示してくれます。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

43歳のエンジニアサラリーマンです。
気になることやちょっと深く知りたい情報を分かりやすく伝えています。
アフィリエイト等の副業で自由な生活を得られるように日夜努力中。
仮想通貨投資について勉強し、様々なコインを調査して運用中。

コメント

コメントする

目次