【プログラミング初心者向け】プログラム言語の選び方

プログラミングを始める際、どのような言語を学べばよいのだろうか?と思うのではないでしょうか。

そういった方にプログラミング言語の選び方をお伝えしようかと思います。

 

1.プログラミング言語の種類

まず、プログラミング言語はどのようなものがあるのでしょうか。

代表的なプログラミング言語とサービスです。

プログラミング言語/サービス Webサイト 機械学習/AI IoT 組み込み系 アプリ開発
HTML
CSS
JavaScript
PHP
Java
Python
C++
C#
Swift
Ruby
R

 

このようにどのサービスを作成したいか、関わりたいかによって言語が変わってきます。

それぞれの難易度はこちらです。

プログラミング言語/サービス 環境構築難易度 言語学習難易度 実行難易度 コメント
HTML ブラウザがあればすぐ書ける、
結果が見える
CSS ★★ 取り組むのは簡単、極めるのは奥深い
JavaScript ★★★ ★★ 取り組むのは簡単、応用範囲が広い
PHP ★★ ★★ 構築さえできれば、
取り組みやすい言語
Java ★★★ ★★ ★★★ 環境構築、デバッグなど入門者の
つまづきポイント多し、
開発者多いためヘルプなどは充実
Python ★★ ★★ ★★ スクリプト言語のため学習しやすい
C++ ★★★ ★★★ ★★★ 環境構築、実行環境を整える際に
入門者のつまつきポイント多し
C# ★★★ ★★★★ ★★★ 環境構築、学習、実行いずれも
入門者には難易度高し
Swift ★★ ★★ ★★ iphoneアプリとして実行できるため
イメージしやすい
Ruby ★★★ ★★ ★★★ Javaの上位言語、学習しやすい
R ★★★ ★★★ ★★★ 統計用の言語、必要があるときに
学習するべし

※Code Campus参照

2.選び方

では、どのように学ぶプログラミング言語を選べばよいのでしょうか。

私が選ぶのであれば取り組みやすく、今後も活躍できる言語を選ぶ方が良いではと思います。

ではどの言語が良いか?というと

「Python」

です。

Python先ほどの表で「環境構築難易度」「言語学習難易度」「実行難易度」ともに「★★」でした。

「★★」ですが、私の印象は言語の難易度も高くなく、環境もすぐに構築できる印象です。

それに下図を見て頂くと、スキルとして持っていると割と年収高めです!!

image

画像出典:みんなのスタンバイ プログラマー平均年収ランキング2017
求人検索エンジンスタンバイ https://jp.stanby.com/

このような選び方ではなく、例えば「Webサイトのサービスに関わりたい」「組み込み系をやってみたい」といったことが決まっていて言語を選ぶこともあるかと思います。

そのような方は先ほどの言語とサービスの表と難易度で判断してもよいのではないでしょうか。

3.求人情報数

代表的なエンジニアの求人サイトでの求人数は下記になります。

プログラミング言語 リクナビ
Next
DODA パイザ キャリコネ Indeed 総求人数 rank
HTML 117 256 283 1642 7643 9941 4
JavaScript 104 380 889 2362 7093 10828 3
PHP 248 722 866 3605 9319 14760 2
Java 484 1729 990 5372 15893 24468 1
Python 87 301 255 1606 3378 5627 8
C++ 1172 701 393 998 5897 9161 6
C# 1172 669 552 882 6412 9687 5
Swift 34 92 278 805 1129 2338 9
Ruby 83 286 464 2200 3919 6952 7
R 5 8 26 22 313 374 10

先ほどお勧めした「Python」は10位中8位と求人数は高くないです。

[Pythonよりも求人数が多い理由]
・スマホ等のWebサイト系のビジネスが圧倒的に多くなっている
・昔から使用されている言語は古い資産を改修するために言語を使い続けられている

[Pythonの求人数が少ない理由]
・機械学習/AIを導入した製品が少ない
・開発体制、仕組みがまだ整えられていないため多くの人数を採用できない

といったことが要因と思われます。

では、なぜお勧めかというと「今後使われる言語だから」です。

他のWebサイト系や古い言語のCやC#などは使われ方により実行しやすい言語に変わっていくと思います。

Webサイト系言語 ⇒ GUIで操作できる言語等、より使いやすい言語が使われる
古い言語 ⇒ 製品自体で使用される言語を新しい言語で再作成される

現在、機械学習/AIを用いた製品が出始めています。
※カメラや家電に搭載され始めている

そう考えると「Python」のスキルは希少価値が収入も高額、今後も活躍できる言語ではないでしょうか。

4.まとめ

これからどのようにしてプログラミングを勉強して仕事にしていこうかと考えている方はぜひ「Python」を勉強してみてください。

そして、世の中で使われるものに自分にプログラムが入る喜びを感じてもらえる人が一人でも増えると私もうれしいです。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

43歳のエンジニアサラリーマンです。
気になることやちょっと深く知りたい情報を分かりやすく伝えています。
アフィリエイト等の副業で自由な生活を得られるように日夜努力中。
仮想通貨投資について勉強し、様々なコインを調査して運用中。

コメント

コメントする

目次