キャノンのプリンタでPGBKが無くなったときにBKで代用する方法

キャノンのプリンタをお使いの方でPGBKが無くなって白黒が印刷できない。BKはあるのに。

何とか代用できないものかと思いませんか。

今回は代用する方法をお伝えしたいと思います。

 

1.代用の方法

PGBKの代用としてBKを使用する方法は印刷設定で写真印刷設定に変更するとBKを使用して印刷できるようになります。例えばWordや PDFであればこのように設定変更します。

・Word

「印刷」→「プリンタのプロパティ」

「標準印刷」を「写真印刷」に変更する

・PDF

「印刷」(プリンタのマーク)を選択→「システムダイアログを設定して印刷」→「詳細設定」

「標準印刷」を「写真印刷」に変更する

2.PGBKとBKでの印刷結果の違い

PGBKとBKではBKの方が黒が少しだけ薄く見えるように感じました。

比べるとですけどね。

白黒印刷としては気にならない程度の違いなので代用できるとおもいます。

3.中身の違い

[PGBKの特長]

  • 顔料インク
  • 紙によく染み込みますので滲みにくい
  • 耐水性 & 耐光性に優れています。

そのため、文章印刷に適しています。

[BKの特長]

  • 染料インク
  • 紙の表面に定着しますので水や光に弱い
  • 速乾性がありますので色の安定が早い
  • コントラストがはっきりしている

そのため、写真印刷に適しています。

ちなみにインクは純正と互換性があり、互換性の方がインクは安く済みますが、プリンタの修理を行ってもらえなくなる可能性がありますので注意が必要です。

4.まとめ

今回はキャノンのプリンタでPGBKの代用でBKを使う方法をお伝えしました。

BKは中々使いづらくあまりやすいので代用して無駄なくインクを使えますので是非お試しください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

43歳のエンジニアサラリーマンです。
気になることやちょっと深く知りたい情報を分かりやすく伝えています。
アフィリエイト等の副業で自由な生活を得られるように日夜努力中。
仮想通貨投資について勉強し、様々なコインを調査して運用中。

コメント

コメントする

目次