高額医療費があるから保険に入らなくてもなくてもよい?

高額医療費制度があり、

入院時に利用した事もあるのではないでしょうか。

この制度があるから保険に加入しなくても良いのでは

という話もあります。

私は保険には入るべきだと思いますが

それがなぜなのかをお伝えしようと思います。

 

1.高額医療費制度とは

 

高額医療費とはざっくり言うと

医療費が月に80,100円だけで済む制度です。

例えば、

「入院で200,000円かかってしまった」

「どうしよう」

となっても200,000円から80,100円を引いた額、

すなわち119,900円が戻ってくるわけです。

ちなみに、保険に入っていて200,000円全額が賄われた場合には

戻ってきません。

それであれば保険に入らない方が得じゃん。

そう思われるかもしれませんが

保険に入った方が安心感が違います。

なぜかを見ていきましょう。

2.なぜ保険に入った方がよいか

保険に入った方が安心できます。

それはそうですよね。

いくら入院しても賄われる保険に入れば

後は何も不安に思わないですから。

では、なぜ高額医療費制度だけでは

安心できないのでしょうか。

理由は3つあります。

  • 自己負担がある(月に80,100円支払)
  • ベッド代や食事代は賄われない
  • 先進医療には使用できない

このため、一時的とはいえそれなりの費用が発生します。

しかも、入院中は仕事できませんので

無収入の中で生活費にプラスして

この金額を支払うのはかなりの痛手です。

3.保険料の目安

私の場合、今の保険料は妻と合わせて12,000円程度です。

内訳としては

  • 3代疾病
  • 入院補償
  • 先進医療

をつけています。

年間144,000円の支払で結構な金額ですが、

手術して入院してもほぼ満額出るので安心です。

私の場合、目の手術で全額で75,000円程度が発生したのですが、

81,000円を超えていないので高額医療制度は使えませんでした。

その時に保険で80,000円が出て非常に助かりました。

結果として費用以上の金額が出ました。

全く病気や怪我をしない場合は保険はいらないですが、

年齢を重ねるにつれてそうはいかないので

保険には入る方が安心だと思います。

4.保険に入らなかった場合の必要貯蓄額

では、もし保険に入らない場合に

どれくらい貯めておけば良いでしょうか。

高額医療費対象の手術と入院をした場合に

計算すると3ヶ月目までは月額80,100、

4ヶ月目以降は44,400円に引き下がります。

これを考慮すると

80,100円 × 3ヶ月 = 240,300円
44,400円 × 9ヶ月 = 399,600円
合計 639,900円

1年間、高額医療で毎月かかる金額です。

毎月、高額医療になることはありませんが

この金額にプラスして先進医療費やベッド代などがかかります。

そのため、これ以上の金額を貯金しておかなければいけないです。

それだけで足りるか分からないという不安が

どうしても付き纏います。

なのでやはり保険に入って安心した方が良いかと思います。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

5.まとめ

今回は高額医療制度はありますが

保険には入った方が良いという事をお伝えしました。

やはり、手術して入院するとなると

どんなものでもそれなりの費用が発生しますし、

どれほどかかるか分からない不安がどうしても付き纏います。

保険に入ればその不安が少なからず解消されますので

ぜひ保険に入ることをお勧めします。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

43歳のエンジニアサラリーマンです。
気になることやちょっと深く知りたい情報を分かりやすく伝えています。
アフィリエイト等の副業で自由な生活を得られるように日夜努力中。
仮想通貨投資について勉強し、様々なコインを調査して運用中。

コメント

コメントする

目次