二兎のラーメンは2回行く?貝ダシ汐そば 究極のTKGセットを頼んだ率直な感想

先日、名古屋駅近くの「二兎」というかなり評判のラーメン店でTKG(卵かけご飯)セットを食べた感想をお伝えしたいと思います。

2022年3月30日にオープンしてから店舗の都合上、3年間しか営業しない珍しいラーメン店です。

感想は出汁スープが効いたラーメンや新鮮さが分かるものすごい黄色の卵黄のたまごかけごはん、その後の出汁スープ茶漬け全てが美味しいのでぜひおすすめの店舗です。

詳細を記載していますので、参考にして是非とも食してみてください。

目次

「二兎」の概要

  • 店名:おダシと銀しゃり 中華そば二兎
  • 住所:愛知県名古屋市中村区名駅2-42-7
  • 交通手段:名古屋駅の桜通口(北側)から徒歩5分、地下鉄1番出口から徒歩1分
  • 支払方法:カード不可、電子マネー不可、QRコード決済不可
  • 座席:カウンターのみ
  • オープン日:2022年3月30日
  • 駐車場:無

二兎は建物の都合で3年後には無くなってしまう幻の期間限定店舗で、出汁にこだわったラーメン店です。

3年間限定の店舗なんて珍しい。

「おダシと銀シャリ」ということはご飯もこだわっているのかな。

ご飯もつやピカで厳選されており、かつお出汁、ラーメンの小麦とともにこだわっているラーメン店です。

「二兎」の貝ダシ汐そば 究極のTKGセットを食べた率直な感想

2023年1月23日の午前11:30頃に来店しました。

気温は10度くらいでしたが、日陰で風もあり、かなり寒かったですが10人程度並んでいましたが、外で15分程度寒さを我慢してようやく入店しました。

入口で券売機で食券を購入しますが、現金のみです。

注文したのは「貝ダシ汐そば 究極のTKGセット」です。

カウンターに座ると、テーブルにラーメンの説明や食べ方などが記載されたものが置かれており、店員さんも説明してくれました。

食券を店員さんに渡して7,8分程度でご飯と卵、その後ラーメンが運ばれてきました。

「貝ダシ汐そば 究極のTKGセット」の感想は2回以上行ってもよいかも

最初、スープを飲みましたが少ししょっぱいかな、と感じました。

しかし、ラーメンと食べるとすごく合うのでその調整でかなと思います。

卵かけご飯は卵の新鮮さを際立たせる黄色の卵黄で、まずそのまま食べましたが、卵の味しかしなかったので、そりゃそうだねと思い、出汁醬油をかけたら抜群にうまいです。

ラーメンを半分くらいすすり、すだちで味変したら酸味がきいて出汁スープとラーメンによく合い、美味しいですね。

最後に卵かけご飯に出汁スープをかけてお茶漬けを試みました。

これもまた、出汁とご飯の相性が抜群です。

TKGセットで様々な食べ方を試みた結果、どれも美味しく、2回以上来店したいと感じました。

「二兎」のランチおすすめ時間帯、駐車場情報

近くに妻を送り迎えするため、よく店を見るのですが、13:30頃でも10人以上は並んでいます。

そのため、ランチ利用は11:30の開店近くがおすすめです。

冬は寒空の中並ぶので10人程度かもしれませんが、温かい時期にはもっと並ぶ可能性もあります。

私は車で利用したので駐車場の情報を少しお伝えします。

店横に40分200円の駐車場がありますが、満車のことが多く、他は15分200円と割高です。

そのため、徒歩4分程度歩いた駐車場が40分200円でしたのでそこに止めました。

待ち時間もあるので、安い場所に駐車した方がよいかもしれません。

まとめ

今回は名古屋駅近くの二兎のラーメンは2回行く?貝ダシ汐そば 究極のTKGセットを頼んだ率直な感想をお伝えしました。

  • 二兎は2022年3月30日に開店し、店舗の都合で3年間しか営業しない限定店
  • 貝ダシ汐そば TKGセットを食べた感想はラーメン単体、卵かけご飯、出汁茶漬けのどれも美味しい
  • おすすめのランチ時間は開店11:30頃で、駐車場は店舗となりか徒歩4分程度の40分200円のパーキングがおすすめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

43歳のエンジニアサラリーマンです。
薄給の中、100時間以上残業してましたがスキルが身についたと思い転職。
妻と2人で穏やかな暮らし。
結婚当初は喧嘩も絶えなかったですが(今も多少はあります。。。)、
2人で暮らしている中でお互いに気を付けたり工夫することで
夫婦円満に生活できています。
このブログでは日常の情報からピックアップして分かりやすくお伝えするトレンドブログです。
気になることやちょっと深く知りたい情報を分かりやすく伝えています。

コメント

コメントする

目次