ルンバで床が傷だらけ理由は?レンタルでメリット・デメリットを確認可能!

今はレンタルもできるお掃除ロボットの定番商品ともいえるルンバ。

便利で家事の時間短縮にもつながる画期的な商品ですが、ルンバによって床が傷つくといった意見が多数存在しています。

今回はルンバで床が傷つくという意見を調査とレンタルについてもご紹介します。

(アイキャッチ出典元:https://robotstart.info/2016/11/21/irobot-2m.html)

目次

ルンバで掃除すると床が傷ついてしまう原因

床が傷つく原因は「床に置かれたものを吸い込み、傷つけてしまう」ことが動画で紹介されています。

コード類も巻き込んで床を傷つけると言われています。

帰ってきて床が傷だらけになってたらショックすぎる。

コードなんて普通どこにでもあるのにそんなので傷つくのはどうなの。

コードや配線類は、ルンバが掃除する場所に置かないようにする必要があります。

また、ルンバに物が挟まった状態で掃除していると、床が傷ついてしまいます。

ちょっと、これは買う気が削がれますね。

ルンバで掃除をするメリット・デメリット

(画像出典元:https://kakaku.com/item/K0001235275/images/)

ルンバ使用者が感じるメリット・デメリットを紹介します。

ルンバで掃除するメリット

  • 時間が節約できる
  • 精神的な負担が減る
  • 床のものを片付ける習慣ができる

ルンバで掃除するデメリット

  • 起動中はルンバの様子を確認しなくてはならない
  • ルンバが同じところを回る可能性がある
  • 購入時よりも使用を重ねると吸引力が落ちる
  • ルンバの起動音がうるさい
  • 普通の掃除機よりも維持費がかかる(バッテリや消耗品など)
  • 角や端の汚れが取れない

ルンバを買う前にお試しできるレンタル業者と料金を調査

購入後に後悔しないため、レンタルするのがおすすめです。

ルンバをレンタルで切るおすすめ業者をはこちらです。

kikito(キキト)

(画像出典元:https://rental.kikito.docomo.ne.jp/)

kikito(キキト)はドコモのデバイスお試しサービス「kikito」は、様々な最新デバイスをお試しできるサービスで、気に入ったデバイスは返却せずに購入するプランもあります。

Rentio(レンティオ)

(画像出典元:https://www.rentio.jp/)

Rentio(レンティオ)は厳選された3,194種類の最新製品を買わずに使える家電お試しサービスです。

iRobot、SHARP、SONY、Panasonic、siroca、BALMUDA、GoPro、YA-MAN、Combiなど、カメラから生活家電やベビーカーまで今すぐレンタルして使うことができます。

DMMいろいろレンタル

(画像出典元:https://www.dmm.com/iroiro/)

最新家電をはじめモバイルwifi、スーツケース、カメラ、ベビーカーなどさまざまな製品を買わずにレンタル出来るサービスです。

この時期だけ利用したい!買う前にちょっと試したい!と言う方におすすめ!持たない暮らしをサポートします。

レンタル料金

kikitoやRentioでは送料無料で中古品などを安くレンタルできます。

実際のレンタル料金を調べました。

  • 最新式ルンバ:30泊31日で1980円(税込み)
  • それ以外:30泊31日で990円(税込み)

というように1か月を最新機ルンバが1980円で試せます。

購入するとかなりの金額だからこれで試してみたいね。

980円でルンバ使えるなら良いかも。

レンタル中にルンバが故障した時の免責金額について

万が一壊してしまった時の保証内容も必ず確認しておきましょう。

過失がない場合基本的には、無料で修理してくれます。

しかし悪質な業者だと、新品価格を請求される場合がありますので注意してください。

まとめ

今回はルンバで床が傷だらけ理由とメリット・デメリット、レンタルについても調査しました。

  • ルンバによって床が傷つくという意見が多数存在している
  • 原因は、床に置かれているコード類を巻き込む、引きずる
  • ルンバのメリットは、家事時間の軽減、精神的負担の軽減
  • ルンバのデメリットは起動中は見守りが必要、時間が経つと吸引力が落ちる
  • レンタルで990円~1980円(税込)で1か月お試し可能

ルンバはレンタルも充実しているので、購入前にお試しするのがおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次