【プログラミング初心者必見】スクリプト動作を重くしないコツ

シェルスクリプト作成したが重すぎて中々完了しない!

ということがありませんか?

シェルスクリプトの書き方で重くならないようにするコツがあります。

それを今回、説明したいと思います。

 

目次【本記事の内容】

  1. シェルスクリプトの実行が重くなる理由
  2. 重くなる記述とは
  3. 処理を軽くする記述

 

シェルスクリプトの実行が重くなる理由

まず、シェルスクリプトを作成して実行しても中々終わらなくなってしまう理由。

それは、

「処理する回数が多いから」

です。

それはそうですよね。

処理する回数が多ければその分時間がかかって終わらなくなります。

 

ではなぜ、処理する回数が多くなってしまうのでしょうか。

それは記述方法が重くなるような記述をしているからです。

では、

重くなる記述とは

重くなる記述とは、原因を見ると大体これです。

「ループ文を多用している」

例えば、テキストファイルを1行ずつ読み込み、grep等の検索を実行すると

読み込んだ分だけgrep処理を行うことになり、処理が多くなってしまいます。

1万行のテキストファイルで行った場合には1万回grepすることになる!!)

これは重くなりますよね。。。

 

でもどうしたら? 検索しないと処理できないし。。。

そのような場合の対策方法を以降に記載したいと思います。

 

処理を軽くする記述

先ほど、テキストファイルを1行ずつ読み込み、grepする例をお話しました。

では、どういう記述にすれば処理を軽くできるのでしょうか。

下の例で考えてみましょう。

[処理が重い例]
# 行数分 grep が起動するので、とても遅い
while read -r line; do
printf ‘%s’ $line |grep ‘foo’
done <data.txt

これだと”foo”をdata.txtから探すのにすべての行を表示して

grepを実施するので重くなります。

これを

[処理が軽い例]
grep
‘foo’ data.txt

とするとgrep一度でテキストを探索してくれますので処理が軽くなります。

また、

「シェルスクリプトはインタプリタでありコードの解釈~実行が遅い」

ということもあります。

そのため、なるべくシェルでのループは使わずコマンドで処理する記述にしましょう。

そのためにはawkも使えるので次回はawk等についても記載したいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

43歳のエンジニアサラリーマンです。
気になることやちょっと深く知りたい情報を分かりやすく伝えています。
アフィリエイト等の副業で自由な生活を得られるように日夜努力中。
仮想通貨投資について勉強し、様々なコインを調査して運用中。

コメント

コメントする

目次