ステーキ店でフランベはやりすぎ?実際の事故と世間の反応を解説!

ステーキやシーフードなど、高級食材の調理に使用されるフランベですが、見た目も豪華で、食べる前の演出としても人気があります。

しかし、その一方でフランベには危険性があり、フランベを扱う飲食店での事故が発生して多くの人々が負傷したり、被害を受けたりしています。

本記事では、具体的な事故例を3つ紹介し、ステーキ店でフランベした際の実際の事故と世間の反応を解説します。

(アイキャッチ画像出典元:https://gatachira.com/local/46729/)

目次

ステーキ店での実際の事故例

(画像出典元:https://tokyo-calendar.jp/article/22077?page=2)

2015年、埼玉県のステーキ店

従業員がフランベをしていた際に火災が発生し、従業員1人と客3人が火傷を負った事件がありました。

この事故で店内は全焼し、店舗は一時的に営業停止に追い込まれました。

2017年、東京都内のイタリアンレストラン

フランベを担当していた従業員がアルコールを誤って客にかけてしまい、火災が発生しました。

この事故で、店内は大きな被害を受け、従業員や客2人が煙や火傷で負傷しました。

2019年、神奈川県内のレストラン

フランベをしていた従業員がアルコールを誤って客にかけてしまい、火災が発生した事件がありました。

この事故では、店内が一時的に避難勧告が出されるほどの大きな被害を受け、客1人が火傷を負いました。

2022年、沖縄県豊見城市のステーキ店

18日、来店中の親子がそれぞれ顔や手にやけどを負い、病院に搬送されていたことが21日分かった。

店ではステーキに香り付けするため、炎でアルコール分を飛ばす「フランベ」が行われていた。

その炎が親子に飛び移った可能性がある。命に別条はないという。

フランベを扱う飲食店での事故が起きているため、店舗側はフランベを行う際の注意や安全対策を徹底し、事故の防止に努める必要があります。

見た目にも楽しいものなんですが。。。

安全対策を徹底してほしいですね。

事故を受けての世間の反応

フランベの事故が報じられると、世間からは大きな反響が起こります。

一方で、フランベを提供する飲食店に対する批判や懸念の声も上がっています。

例えば、東京で起きたフランベの火災では、店舗側が消火器を用意していなかったことが問題視されました。

この事故を受けて、都内の飲食店が相次いで火災対策を見直す動きがありました。また、一部の消費者からは「フランベはリスクが高すぎるので提供するべきではない」という意見も聞かれました。

一方で、フランベを提供する飲食店側からは、「安全に配慮している」「トレーを使って周囲を保護している」といった声もあります。

また、フランベが人気メニューであることから、提供をやめるわけにもいかないという声もあります。

事故があると世間の声は厳しくなるよね。

フランベ自体が悪いことではないのだけどね。

まとめ

ステーキ店でのフランベは、料理の見た目や香りを演出するために一般的に用いられます。

しかし、火災や怪我のリスクがあるため、注意が必要です。導入する際には、スタッフの訓練、料理の種類、消火設備の設置、お客様の安全性などを考慮し、火災対策を徹底することが重要です。

フランベを行う際には、火気やアルコールに対する十分な注意が必要であり、事故を防止するために、スタッフやお客様にも注意喚起を行うことが重要です。

今回は、ステーキ店でのフランベの実際の事故と世間の反応を解説しました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次